産経フォト

知床の海に、オオワシ舞う 北海道羅臼町沖

生き物

知床の海に、オオワシ舞う 北海道羅臼町沖

更新 sty1703030014
 北海道・知床の羅臼町沿岸で魚を捕まえるオオワシ=3日  北海道・知床の羅臼町沿岸で魚を捕まえるオオワシ=3日

 世界自然遺産の北海道・知床の羅臼町沖に、越冬のため国の天然記念物のオオワシが集まっている。広げると2メートル以上になる翼で空を舞う姿を、クルーズ船に乗った観光客らが3日午前、夢中になって撮影していた。

 北海道・知床の羅臼町沿岸で餌の魚を奪い合うオオワシ=3日
画像を拡大する
 北海道・知床の羅臼町沿岸で餌の魚を奪い合うオオワシ=3日フルスクリーンで見る 閉じる

 羅臼町と北方領土・国後島に挟まれた根室海峡にはこの時期、流氷上で羽を休めるオオワシを目当てに、多くの写真愛好家が訪れる。前日からの強風で流氷は沖合に遠ざかっていたが、船が出港すると上空は鳥で埋め尽くされ、計約60羽のオオワシとオジロワシが確認できた。
 川崎市の会社員後藤穂高さん(60)は「力強くて迫力がありますね」と話しながら、カメラのシャッターを切っていた。

 北海道・知床の羅臼町沿岸に飛来したオオワシ=3日
画像を拡大する
 北海道・知床の羅臼町沿岸に飛来したオオワシ=3日フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング