産経フォト

稀勢の里の優勝パレードに大歓声 「ずっと待ってた」

スポーツ

稀勢の里の優勝パレードに大歓声 「ずっと待ってた」

更新 sty1701220012
初優勝を決め、両国国技館前のパレードで沿道のファンに手を振る稀勢の里 =22日午後、両国国技館(納冨康撮影) 初優勝を決め、両国国技館前のパレードで沿道のファンに手を振る稀勢の里 =22日午後、両国国技館(納冨康撮影)
オープンカーで優勝パレードに出発する稀勢の里。旗手は高安 =両国国技館(撮影・今野顕)
画像を拡大する
オープンカーで優勝パレードに出発する稀勢の里。旗手は高安 =両国国技館(撮影・今野顕)フルスクリーンで見る 閉じる

 稀勢の里の優勝パレードは、東京都墨田区の両国国技館前からスタート。詰めかけた多数のファンが酔いしれた。

 22日午後6時半すぎ、玄関口に姿を現した稀勢の里が白いオープンカーに乗り込み、笑顔で両手をあげると、どっと拍手がわいた。「おめでとう」「万歳」などの歓声に見送られ、江東区にある田子ノ浦部屋に向かった。

田子ノ浦部屋の前で、ファンに囲まれる稀勢の里 =東京都江戸川区(撮影・中井誠)
画像を拡大する
田子ノ浦部屋の前で、ファンに囲まれる稀勢の里 =東京都江戸川区(撮影・中井誠)フルスクリーンで見る 閉じる

 沿道には涙ぐむ人の姿も。大阪府から駆けつけたという会社員(37)は「圧倒的に強いのに大事な場面で決めきれず、ずっと応援してきた。(優勝は)何だか信じられない思い」。東京都大田区の無職の男性(67)は「日本人横綱の誕生に弾みがついたので千秋楽を見に来た。けがに気を付けて活躍してほしい」とエールを送った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング