産経フォト

「姫路城クリーン作戦」 レンジャー隊員が大天守を清掃

自衛隊・ミリタリー

「姫路城クリーン作戦」 レンジャー隊員が大天守を清掃

更新 sty1612200007
 姫路城の大天守清掃のため石垣を登る陸上自衛隊のレンジャー隊員ら=20日午前、姫路市(山田哲司撮影)  姫路城の大天守清掃のため石垣を登る陸上自衛隊のレンジャー隊員ら=20日午前、姫路市(山田哲司撮影)
 姫路城の大天守清掃のため石垣を登る陸上自衛隊のレンジャー隊員ら=20日午前、姫路市(山田哲司撮影)
画像を拡大する
 姫路城の大天守清掃のため石垣を登る陸上自衛隊のレンジャー隊員ら=20日午前、姫路市(山田哲司撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 世界文化遺産・姫路城(兵庫県姫路市)を、自衛隊と市民が協力して清掃する「姫路城クリーン作戦」が20日、実施された。陸上自衛隊姫路駐屯地から約520人の隊員が参加。今年は石垣や堀の清掃のほか、初めて隊員による大天守の屋根のすす払い作業も行われ、大がかりな清掃作戦が展開された。
 石垣や堀などの危険な場所を清掃するため、同駐屯地が昭和51年から毎年、実施している。この日は午前7時ごろに隊員らが城内に到着。車両約70台、ボート約20隻を使って清掃が開始された。

 石垣を登り、姫路城の大天守の清掃をする陸上自衛隊のレンジャー隊員ら=20日午前、姫路市(山田哲司撮影)
画像を拡大する
 石垣を登り、姫路城の大天守の清掃をする陸上自衛隊のレンジャー隊員ら=20日午前、姫路市(山田哲司撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 大天守の清掃は1、2層と最上層の屋根で行われ、レンジャー部隊の隊員12人が担当。ロープを頼りに石垣を登って屋根に近づき、ほうきでクモの巣などのごみを払い落としていった。
 また、約400人の市民も参加し、城内の清掃や自衛隊員が収集したゴミを集積場所に運ぶなどした。

 姫路城の大天守の清掃をする陸上自衛隊のレンジャー隊員ら=20日午前、姫路市(山田哲司撮影)
画像を拡大する
 姫路城の大天守の清掃をする陸上自衛隊のレンジャー隊員ら=20日午前、姫路市(山田哲司撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング