産経フォト

プーチン大統領が講道館を訪問 森元首相らと歓談

ニュース

プーチン大統領が講道館を訪問 森元首相らと歓談

更新 sty1612160025
 柔道の形の演武を見学する(前列左から)森元首相、安倍首相、ロシアのプーチン大統領、山下泰裕・全日本柔道連盟副会長=16日午後、東京都文京区の講道館(代表撮影)  柔道の形の演武を見学する(前列左から)森元首相、安倍首相、ロシアのプーチン大統領、山下泰裕・全日本柔道連盟副会長=16日午後、東京都文京区の講道館(代表撮影)
森元首相(左)と笑顔で抱き合うロシアのプーチン大統領(右は安倍首相)=16日午後5時34分、東京都文京区の講道館(代表撮影)
画像を拡大する
森元首相(左)と笑顔で抱き合うロシアのプーチン大統領(右は安倍首相)=16日午後5時34分、東京都文京区の講道館(代表撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 ロシアのプーチン大統領は16日夜、訪日日程の最後として、柔道の総本山である講道館(東京都文京区)を訪れた。自らも黒帯である柔道愛好家のプーチン氏は、道場で古式の演武を鑑賞した後、安倍晋三首相や森喜朗元首相、全日本柔道連盟の山下泰裕副会長らと歓談した。

 プーチン氏は、道場で森氏の姿を見つけると歩み寄って抱擁し、その後は安倍首相らと並んで椅子に座り、演武を鑑賞した。よろい姿の2人の男性による演武を真剣な表情で見つめながら、隣席の山下氏に何度も話しかけていた。

 プーチン氏は安倍首相に「首相の技能を発揮するいい機会だ」と冗談を飛ばし、首相が「私、やろうと思ったんだけどね」と返す場面もあった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング