産経フォト

不時着オスプレイ、大破 給油訓練中にトラブル

ニュース

不時着オスプレイ、大破 給油訓練中にトラブル

更新 sty1612140015
沖縄県名護市沿岸の浅瀬で大破したオスプレイ=14日午後5時41分(小型無人機から) 沖縄県名護市沿岸の浅瀬で大破したオスプレイ=14日午後5時41分(小型無人機から)
オスプレイの不時着事故を受け、キャンプ瑞慶覧で記者会見を開いた在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン沖縄地域調整官(中央)=14日午後
画像を拡大する
オスプレイの不時着事故を受け、キャンプ瑞慶覧で記者会見を開いた在沖縄米軍トップのローレンス・ニコルソン沖縄地域調整官(中央)=14日午後フルスクリーンで見る 閉じる

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の新型輸送機MV22オスプレイが不時着した事故で、機体は同県名護市の約80メートル沖の浅瀬で胴体と翼が分離し大破した。共同通信が14日、上空から確認した。米軍は当面、運用を停止すると日本側に伝えた。在沖縄米軍トップのニコルソン沖縄地域調整官は記者会見し「沖縄の人々に謝罪する」と述べた。
 発見場所は普天間の移設先である名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブから数キロの浅瀬。別のオスプレイが13日夜に普天間で胴体着陸していたことも判明した。

沖縄県名護市安部の海岸に近い浅瀬で大破したオスプレイ。空中給油で使うとみられる管状の物(下)が機首の前に突き出ていた=14日午後0時38分(共同通信社ヘリから)
画像を拡大する
沖縄県名護市安部の海岸に近い浅瀬で大破したオスプレイ。空中給油で使うとみられる管状の物(下)が機首の前に突き出ていた=14日午後0時38分(共同通信社ヘリから)フルスクリーンで見る 閉じる

 沖縄県は移設を巡り政府と激しく対立しており、翁長雄志知事は沖縄防衛局長らとの会談で「直ちにオスプレイの飛行を中止して配備撤回を求めたい」と述べ、名護市の稲嶺進市長は「基地ができれば危険度が増すのは火を見るより明らかだ」と語るなど反発を強めた。安倍晋三首相は記者団に「大変遺憾だ。オスプレイ飛行の安全確保が大前提だ」と述べた。
 事故は13日午後9時半ごろ発生。搭乗員5人は米軍に救助され、2人がけがをした。米軍の説明では、空中給油の訓練中にプロペラが給油ホースを切断したことが事故につながった可能性がある。機体が不安定になり、普天間に帰還しようとしたが、陸地の上空で不具合が生じる事態を避けるため、浅瀬を選んで不時着したという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング