産経フォト

「アクセラ」が最高評価 対歩行者自動ブレーキ試験

自動車

「アクセラ」が最高評価 対歩行者自動ブレーキ試験

更新 sty1612020012
国土交通省が初めて自動車アセスメントで対歩行者自動ブレーキの評価を行った。飛び出した歩行者の人形の手前で停止したスズキのイグニス(時速30km/hで走行)。警報音が鳴り速度計の横に自動ブレーキ作動の警告が表示された =1日、茨城県つくば市の日本自動車研究所 (後藤徹二撮影) 国土交通省が初めて自動車アセスメントで対歩行者自動ブレーキの評価を行った。飛び出した歩行者の人形の手前で停止したスズキのイグニス(時速30km/hで走行)。警報音が鳴り速度計の横に自動ブレーキ作動の警告が表示された =1日、茨城県つくば市の日本自動車研究所 (後藤徹二撮影)

 国土交通省は1日、歩行者との衝突回避のため、一部の自動車が搭載している自動ブレーキの性能評価試験の結果を初めて発表した。メーカーが試験を希望した市販車11車種中、マツダ「アクセラ」が最高評価だった。

 車を時速10キロから60キロまで5キロ刻みで複数回直進させ、歩く速度で前方を横断する人形を検知し止まるまでの距離などを25点満点で評価した。

 ただ、歩行者が急に飛び出すケースは「カバーできない事故形態」として対象になっておらず、試験担当者は「豪雨や窓が汚れていると、自動ブレーキが作動しない可能性があり、過信は禁物だ」としている。

 国交省は2014年度から年2回、車線はみ出しや前方車両の接近検知といった性能評価を実施しており、今回から対歩行者の自動ブレーキを試験項目に加えた。

 アクセラは、対歩行者自動ブレーキの評価が25点中24.5点、他の項目も含めた総合得点も計71点中70.5点で、いずれも最高得点だった。

 結果は試験を実施した自動車事故対策機構のホームページで確認できる。メーカー各社は、パンフレットやホームページで評価結果をアピールできる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング