産経フォト

米首都で大ツリー点灯式 クリスマスでオバマ夫妻

イベント・祭典

米首都で大ツリー点灯式 クリスマスでオバマ夫妻

更新 sty1612020005
 1日、米ワシントンで行われた大ツリーの点灯式で、スイッチを入れた(右から)オバマ米大統領、次女サーシャさん、ミシェル夫人(ロイター)  1日、米ワシントンで行われた大ツリーの点灯式で、スイッチを入れた(右から)オバマ米大統領、次女サーシャさん、ミシェル夫人(ロイター)
President Barack Obama speaks during the lighting ceremony for the 2016 National Christmas Tree is seen before the lighting ceremony on the Ellipse near the White House, Thursday, Dec. 1, 2016 in Washington. (AP Photo/Alex Brandon)
画像を拡大する
President Barack Obama speaks during the lighting ceremony for the 2016 National Christmas Tree is seen before the lighting ceremony on the Ellipse near the White House, Thursday, Dec. 1, 2016 in Washington. (AP Photo/Alex Brandon)フルスクリーンで見る 閉じる

 米首都ワシントンの冬の風物詩、大クリスマスツリーの点灯式が1日、ホワイトハウス南側の広場で行われた。オバマ大統領がミシェル夫人、次女サーシャさんと共にスイッチを入れると、鮮やかな青い光が周囲を照らした。

 来年1月に退任するオバマ氏にとって任期最後の点灯式となる。1923年にクーリッジ大統領が始めて以来の伝統行事。

 オバマ氏は「希望のメッセージは色あせることはない」と演説。米国を二分した大統領選を念頭に「私たちを隔てるものより、つなぐものの方が多いと信じている」と語り掛けると、会場からは退任を惜しむ声が上がった。(ワシントン共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング