産経フォト

松坂がウインターLに合流 4日に初の実戦登板へ

スポーツ

松坂がウインターLに合流 4日に初の実戦登板へ

更新 sty1612010003
プエルトリコで行われているウインターリーグのカロリナに合流した松坂=アグアディヤ(共同) プエルトリコで行われているウインターリーグのカロリナに合流した松坂=アグアディヤ(共同)
プエルトリコで行われているウインターリーグのカロリナに合流した松坂(手前)=アグアディヤ(共同)
画像を拡大する
プエルトリコで行われているウインターリーグのカロリナに合流した松坂(手前)=アグアディヤ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【アグアディヤ(プエルトリコ)共同】プロ野球ソフトバンクの松坂大輔投手(36)が11月30日、米自治領プエルトリコで行われているウインターリーグ(WL)のカロリナに合流した。昨年8月の右肩手術からの完全復活を目指し、3日(日本時間4日)のカグアス戦で初の実戦登板に臨み、約1カ月間WLに参加する予定。
 アグアディヤでの合流初日は、時折雨の降る中でランニングやストレッチなどをこなし、ブルペンで投球練習も行った。半袖で汗を流した松坂は「手術後にあまり投げていなくて、次のキャンプまでに間が空いてしまうので(参加した)。特に投球回数や球数は決めていない」と穏やかな表情で話した。シーズン終了後も、自宅のある米国東部でキャッチボールなどを続けていたという。
 日本球界に復帰して2年目だった今季は、10月に10年ぶりに日本の1軍戦で登板。1試合で1回を3安打5失点、4四死球だった。ソフトバンクとは3年契約を結んでおり、来季が最終年となる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング