産経フォト

世界最大級?麻薬更生施設 1万人収容、比に完成

ワールド

世界最大級?麻薬更生施設 1万人収容、比に完成

更新 sty1611290016
 約1万人の麻薬中毒者を収容できる更生施設=29日、フィリピン北部ヌエバエシハ州(ロイター)  約1万人の麻薬中毒者を収容できる更生施設=29日、フィリピン北部ヌエバエシハ州(ロイター)
 約1万人の麻薬中毒者を収容できる更生施設を視察するドゥテルテ大統領(左)=29日、フィリピン北部ヌエバエシハ州(ロイター)
画像を拡大する
 約1万人の麻薬中毒者を収容できる更生施設を視察するドゥテルテ大統領(左)=29日、フィリピン北部ヌエバエシハ州(ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 ドゥテルテ大統領が麻薬犯罪撲滅に取り組むフィリピンで29日、計1万人の麻薬中毒者を収容できる巨大な更生施設が完成し開所式が行われた。政府関係者は「世界最大級の更生施設ではないか」と話している。

 ただ、同国の麻薬中毒者は推定300万~400万人。政府はさらに3施設の建設を計画しており、麻薬中毒者の社会復帰を促進したい考えだ。

 約1万人の麻薬中毒者を収容できる更生施設で、聖水をまく神父=29日、フィリピン北部ヌエバエシハ州(ロイター)
画像を拡大する
 約1万人の麻薬中毒者を収容できる更生施設で、聖水をまく神父=29日、フィリピン北部ヌエバエシハ州(ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 更生施設は北部ヌエバエシハ州の軍基地内に設置。開所式に出席したドゥテルテ氏は「麻薬対策は任期の最終日まで続ける」と強調し「密売人が路上からいなくなり、最後の“大物”が殺されるまでやめない」と述べ、超法規的な殺害も辞さない強権的な取り締まりを続ける考えを示した。

 施設の建設は不動産業などを営む中国の富豪が支援して昨年7月に開始した。(マニラ共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング