産経フォト

【路上感撮】巨大ビジネスマンが お昼寝

イベント・祭典

【路上感撮】巨大ビジネスマンが お昼寝

更新 sty1611290010
公園に展示されている巨大な芸術作品「さいたまビジネスマン」 =さいたま市南区の西南さくら公園(桐山弘太撮影) 公園に展示されている巨大な芸術作品「さいたまビジネスマン」 =さいたま市南区の西南さくら公園(桐山弘太撮影)
公園に展示されている巨大な芸術作品「さいたまビジネスマン」 =さいたま市南区の西南さくら公園(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
公園に展示されている巨大な芸術作品「さいたまビジネスマン」 =さいたま市南区の西南さくら公園(桐山弘太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 さいたま市南区のJR武蔵浦和駅で下車し、高架橋沿いの遊歩道を散策すると、奇妙な巨大涅槃(ねはん)像に一瞬笑ってしまった。

 全長9.6メートル、高さ2メートルの「さいたまビジネスマン」は国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」展示作品の一つ。

公園に展示されている巨大な芸術作品「さいたまビジネスマン」 =さいたま市南区の西南さくら公園(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
公園に展示されている巨大な芸術作品「さいたまビジネスマン」 =さいたま市南区の西南さくら公園(桐山弘太撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 ラトビア出身の芸術家アイガルス・ビクシェ氏が埼京線の満員電車に驚き、日本の会社員にエールと皮肉を込めた。ゆっくり休んでほしいという思いでスーツにハエやクモが止まる作品には独特の世界が広がる。

 芸術祭は12月11日まで。終了後は作品も撤去される予定だ。(写真報道局 桐山弘太)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング