産経フォト

無人で耕すトラクター 農業復興へ、福島県が試作

ニュース

無人で耕すトラクター 農業復興へ、福島県が試作

更新 sty1611290009
 農地を自動走行するロボットトラクター(左)=29日、福島県南相馬市  農地を自動走行するロボットトラクター(左)=29日、福島県南相馬市
 無人走行で農地を耕すロボットトラクター(左)=29日、福島県南相馬市
画像を拡大する
 無人走行で農地を耕すロボットトラクター(左)=29日、福島県南相馬市フルスクリーンで見る 閉じる

 東京電力福島第1原発事故で農業の担い手不足が深刻化する中、先端技術の導入で復興を目指そうと、福島県は29日、無人で走行する「ロボットトラクター」の試作機を同県南相馬市で報道関係者に公開した。

 原発事故で大きな被害に遭った沿岸部に新産業を集積しようと、国や県が取り組む「イノベーション・コースト構想」の一環。農業分野では省力化や効率化を進め、営農再開に結び付けることを目標としている。

 この日は、有人トラクターと並走する形で、無人のトラクターが農地を耕す様子が公開された。

 県によると、無人トラクターの開発は農機大手の井関農機(松山市)などと協力。今後さらに改良を加え、2018年度以降の実用化を目標とする。県の担当者は「農業を再開しようとする農家の背中を少しでも押してあげたい」と話した。

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング