産経フォト

上体を激しく揺らして念仏唱和 東本願寺で「坂東曲」

伝統・文化

上体を激しく揺らして念仏唱和 東本願寺で「坂東曲」

更新 sty1611280006
 坂東曲で体を揺らしながら念仏を唱える僧侶ら=28日午前、京都市下京区の東本願寺(寺口純平撮影)  坂東曲で体を揺らしながら念仏を唱える僧侶ら=28日午前、京都市下京区の東本願寺(寺口純平撮影)
 坂東曲で体を揺らしながら念仏を唱える僧侶ら=28日午前、京都市下京区の東本願寺(寺口純平撮影)
画像を拡大する
 坂東曲で体を揺らしながら念仏を唱える僧侶ら=28日午前、京都市下京区の東本願寺(寺口純平撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 真宗大谷派の本山・東本願寺(京都市下京区)で宗祖・親鸞の命日の28日、僧侶らが声明の「坂東曲(ばんどうぶし)」を勤め、8日間に及んだ親鸞をしのぶ法要「報恩講」が最終日を迎えた。
 昨年末に12年間の修復を終えた御影堂(ごえいどう)では、全国から集まった門徒たちが見守るなか、僧侶たちが着座したまま一斉に上体を前後左右に揺らしながら、独特の節回しで念仏を唱和し、堂内は熱気に包まれた。
 坂東曲が残るのは、真宗十派で大谷派のみ。越後に流罪となった親鸞が、荒波にもまれる船上で念仏を唱えた姿を再現したともいわれるが、由来はわかっていない。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング