産経フォト

西本さんバチカンで指揮 音楽ミサ、4年連続公演

ニュース

西本さんバチカンで指揮 音楽ミサ、4年連続公演

更新 sty1611170004
 16日、バチカンのサンピエトロ大聖堂で行われた音楽ミサで公演する指揮者の西本智実さん(中央)とオーケストラ(共同)  16日、バチカンのサンピエトロ大聖堂で行われた音楽ミサで公演する指揮者の西本智実さん(中央)とオーケストラ(共同)
 16日、バチカンのサンピエトロ大聖堂で行われた音楽ミサで指揮する西本智実さん(共同)
画像を拡大する
 16日、バチカンのサンピエトロ大聖堂で行われた音楽ミサで指揮する西本智実さん(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 女性指揮者の西本智実さんが芸術監督を務めるイルミナートフィルハーモニーオーケストラと合唱団が16日、「バチカン国際音楽祭」の一環としてバチカンのサンピエトロ大聖堂で行われた音楽ミサで演奏した。音楽祭への参加は4年連続で、バチカン専属の聖歌隊「システィーナ礼拝堂合唱団」と共演した。

 モーツァルトの「戴冠ミサ」や、西本さんの曽祖母の出身地、長崎県平戸市・生月島で隠れキリシタンらが伝承してきた祈り「オラショ」の起源となったグレゴリオ聖歌を披露。西本さんは「今年も素晴らしいミサに参加できて光栄に思う。システィーナ礼拝堂合唱団と共演でき、感動の涙があふれた」と語った。

 今年の音楽祭は21日まで開催され、9月に聖人に列せられた故マザー・テレサにささげられるという。(ローマ共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング