産経フォト

東京五輪へ、スポーツ文化フォーラム京都で開幕

イベント・祭典

東京五輪へ、スポーツ文化フォーラム京都で開幕

更新 sty1610190006
講演する山中伸弥氏=19日午前、京都市左京区のロームシアター京都(寺口純平撮影) 講演する山中伸弥氏=19日午前、京都市左京区のロームシアター京都(寺口純平撮影)
講演する千玄室氏=19日午前、京都市左京区のロームシアター京都(寺口純平撮影)
画像を拡大する
講演する千玄室氏=19日午前、京都市左京区のロームシアター京都(寺口純平撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 2020年の東京五輪・パラリンピックや2019年のラグビーワールドカップなどに向けたキックオフイベントとして、開催機運を高める国際会議「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」(文部科学省など主催)が19日、京都市で開幕した。
 会議は22日までの4日間、京都と東京の2会場で開催。各国のスポーツ担当大臣、企業経営者、研究者ら約250人が参加し、産業復興や地域活性化、スポーツの普及促進などのテーマで議論を交わす。20日には東京都で国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が基調講演する。

 初日は同市左京区のロームシアター京都で、オープニングイベントを開催。ノーベル医学・生理学賞受賞者で京都大iPS細胞研究所(京都市)の山中伸弥教授の基調講演もあり、「iPS細胞の医療応用に励んでいるが、それはパラリンピックや障害者のためにもなると思う。4年後の日本でのオリンピック、パラリンピックに向け、総力を挙げて努力する必要がある」と呼びかけた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング