産経フォト

広島黒田、今季限りで引退 41歳、日米203勝

スポーツ

広島黒田、今季限りで引退 41歳、日米203勝

更新 sty1610180013
引退会見に臨む広島・黒田博樹=18日、広島市中区(撮影・鳥越瑞絵) 引退会見に臨む広島・黒田博樹=18日、広島市中区(撮影・鳥越瑞絵)
キャッチボールする広島・黒田博樹=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
画像を拡大する
キャッチボールする広島・黒田博樹=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)フルスクリーンで見る 閉じる

 日米通算で203勝を挙げているプロ野球広島の黒田博樹投手(41)が18日、今季限りでの引退を表明した。広島市内のホテルで記者会見に臨み、決断の理由を「リーグ優勝して日本シリーズに進出できたことが一つの大きな要因。最高のシーズンを送れたので、全く悔いはない」と晴れやかな表情で話した。22日に開幕する日本ハムとの日本シリーズが最後の勇姿となる。

 会見前にマツダスタジアムで行われた練習の前、チームメートに「日本シリーズを最後に、ユニホームを脱ぐことを決めました。素晴らしいチームで素晴らしい夢を見させてもらった。最後は笑顔で優勝して、みんなでビールかけができたら」などとあいさつした。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング