産経フォト

IOC会長、コスト削減に向け「作業部会」提案 小池都知事と会談 

ニュース

IOC会長、コスト削減に向け「作業部会」提案 小池都知事と会談 

更新 sty1610180012
面会を終え、談笑するトーマス・バッハIOC会長(左)と小池百合子都知事=18日午後、(荻窪佳撮影) 面会を終え、談笑するトーマス・バッハIOC会長(左)と小池百合子都知事=18日午後、(荻窪佳撮影)
トーマス・バッハIOC会長を出迎え、握手する小池百合子都知事 =18日、都庁(荻窪佳撮影)
画像を拡大する
トーマス・バッハIOC会長を出迎え、握手する小池百合子都知事 =18日、都庁(荻窪佳撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は18日、2020年東京五輪・パラリンピックの開催コスト削減に向けて会場計画の見直しを検討している東京都の小池百合子知事との会談で、都、組織委、日本政府、IOCの4者によるコスト削減に向けた作業部会の設置を提案した。

 会談で小池氏から見直し案に関する報告を受けたバッハ氏は「(全体的に)大幅にコスト削減していけるような潜在性があるのではないかと感じている」とした上で、「4者会合の作業部会を発足させることを提案したい。東京都、組織委員会、日本国政府、そしてIOCの4者で作業部会を形成して、一緒にコストや数字について見直していく」と述べた。

記念撮影に応じるトーマス・バッハIOC会長と小池百合子都知事 =18日午後、都庁(荻窪佳撮影)
画像を拡大する
記念撮影に応じるトーマス・バッハIOC会長と小池百合子都知事 =18日午後、都庁(荻窪佳撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 これに対し、小池氏は「国民や都民に見える形で、情報公開を徹底した形でやっていければよろしいのではないかと考えている」と応じ、「来月にでもその会議が開けないか」と提案。バッハ氏は「今月でも開始できる状態だが、(都側の)内部での調査を充実させてください。そしていったんそちらの方の準備ができれば、われわれはいつでも準備万端整っている。今日の会談同様に透明性のあるものとしたい」と応じた。

 会談は終始和やかな雰囲気。60社以上が取材に訪れ、約40分あまりで終了した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング