産経フォト

【路上感撮】“天空の水田”で稲刈り

自然・風景

【路上感撮】“天空の水田”で稲刈り

更新 sty1610180009
首都高大橋ジャンクション屋上にある水田での稲刈り=4日午後、東京都目黒区(山崎冬紘撮影) 首都高大橋ジャンクション屋上にある水田での稲刈り=4日午後、東京都目黒区(山崎冬紘撮影)
首都高大橋ジャンクション屋上にある水田での稲刈り=4日午後、東京都目黒区(山崎冬紘撮影)
画像を拡大する
首都高大橋ジャンクション屋上にある水田での稲刈り=4日午後、東京都目黒区(山崎冬紘撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 風に揺られている黄金色の稲穂を笑顔で刈り取る子供たち。眼下には都心の街並みが広がっている。

 東京都目黒区の首都高速大橋ジャンクション屋上にある天空庭園。地上30メートルにある庭園の一角には、広さ100平方メートルの“天空の水田”がある。

首都高大橋ジャンクション屋上にある水田での稲刈り=4日午後、東京都目黒区(山崎冬紘撮影)
画像を拡大する
首都高大橋ジャンクション屋上にある水田での稲刈り=4日午後、東京都目黒区(山崎冬紘撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 首都高速道路株式会社が都市の緑化と地域交流のため、換気施設のある屋上スペースに平成23年に作った水田で、同区立菅刈小5年生らが6月に田植えを行い、10月に刈り取る。

 田植えに参加した女子児童(10)は「足首ほどの高さしかなかった稲が今はこんなに大きくなった。もうすぐ食べれると思うとうれしい」と笑顔で話した。(写真報道局 山崎冬紘)

首都高大橋ジャンクション屋上にある水田での稲刈り=4日午後、東京都目黒区(山崎冬紘撮影)
画像を拡大する
首都高大橋ジャンクション屋上にある水田での稲刈り=4日午後、東京都目黒区(山崎冬紘撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング