産経フォト

「温泉シンクロ」続編公開 大分県、観光と帰郷をPR

エンタメ

「温泉シンクロ」続編公開 大分県、観光と帰郷をPR

更新 sty1610180004
 大分県の観光PR映像「シンフロ」第2弾の宣伝用画像(同県提供)  大分県の観光PR映像「シンフロ」第2弾の宣伝用画像(同県提供)
 大分県の観光PR映像「シンフロ」第2弾の宣伝用画像(同県提供)
画像を拡大する
 大分県の観光PR映像「シンフロ」第2弾の宣伝用画像(同県提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 別府や由布院といった人気の温泉地がある大分県は、温泉でシンクロナイズドスイミングをする観光PR映像の第2弾を、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。
 動画は約4分30秒で、メインテーマは「旅立ち」だ。大分県のとある高校に「シンフロ部」がある設定で、女子部員らがドラマを展開。シドニー五輪銀メダリストの藤井来夏さんも、シンフロのプロ選手役で出演する。

 劇中のメロディーには、県出身のシンガー・ソングライター伊勢正三さんが手掛けた「なごり雪」をアレンジして用いた。動画は最後に字幕で「おんせん県は、お湯を沸かして待ってるよ」と呼び掛ける。

 大分県は昨年10月、藤井さんらが別府温泉でシンクロをする第1弾の動画を公開。メーキング映像といった関連動画も含め、再生回数は1年間で145万回を超えた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング