産経フォト

「股のぞき」に知覚賞 立命教授らイグ・ノーベル

ニュース

「股のぞき」に知覚賞 立命教授らイグ・ノーベル

更新 sty1609230004
 22日、米東部ケンブリッジのハーバード大で行われたイグ・ノーベル賞の授賞式でスピーチする立命館大の東山篤規教授(AP)  22日、米東部ケンブリッジのハーバード大で行われたイグ・ノーベル賞の授賞式でスピーチする立命館大の東山篤規教授(AP)
 22日、米東部ケンブリッジのハーバード大で行われたイグ・ノーベル賞の授賞式に臨む立命館大の東山篤規教授(左)(ロイター)
画像を拡大する
 22日、米東部ケンブリッジのハーバード大で行われたイグ・ノーベル賞の授賞式に臨む立命館大の東山篤規教授(左)(ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 ユニークなテーマに取り組む世界の研究者に贈られる今年の「イグ・ノーベル賞」の授賞式が22日、米東部ケンブリッジのハーバード大で行われた。上半身をかがめて股の間から物を見たら、普段の見え方からどんな変化があるかを研究した立命館大文学部の東山篤規教授(心理学)らが「知覚賞」を受賞した。

 22日、イグ・ノーベル賞の授賞式で「股のぞき」を実演してみせる立命館大の東山篤規教授=米東部ケンブリッジのハーバード大(同賞事務局提供、共同)
画像を拡大する
 22日、イグ・ノーベル賞の授賞式で「股のぞき」を実演してみせる立命館大の東山篤規教授=米東部ケンブリッジのハーバード大(同賞事務局提供、共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 東山教授は「一般的には興味を持たれない分野なのに、賞をもらえて驚いた。褒めてやろうと言ってくれるのは素直にうれしい」と話した。日本人のイグ・ノーベル賞受賞は10年連続。
 東山教授は「視覚による空間知覚」などが専門で、2006年の論文「股のぞきの世界 大きさの恒常性の低減と見かけの距離の短縮」などの研究が評価された。
 イグ・ノーベル賞は論文の共同執筆者で大阪大大学院の足立浩平教授(行動統計科学)との共同受賞。論文の構想は東山教授が主導した。(ニューヨーク共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング