産経フォト

三浦が最年長出場 49歳6カ月27日で天皇杯

スポーツ

三浦が最年長出場 49歳6カ月27日で天皇杯

更新 sty1609220023
 長野戦の後半に途中出場し、攻め込む横浜FC・三浦。最年長出場記録を更新した=パロマ瑞穂  長野戦の後半に途中出場し、攻め込む横浜FC・三浦。最年長出場記録を更新した=パロマ瑞穂
 長野に勝利し、喜ぶ横浜FC・三浦(中央)。後半に途中出場し、最年長出場記録を更新した=パロマ瑞穂
画像を拡大する
 長野に勝利し、喜ぶ横浜FC・三浦(中央)。後半に途中出場し、最年長出場記録を更新した=パロマ瑞穂フルスクリーンで見る 閉じる

 サッカーJ2の横浜FCのFW三浦知良が22日、名古屋市のパロマ瑞穂スタジアムで行われた天皇杯3回戦の長野戦に49歳6カ月27日で途中出場し、1997年に紺野悦男(新日鉄釜石)が記録した45歳7カ月5日の最年長出場記録を更新した。

 三浦が天皇杯に出場するのは2011年以来。J2では8月7日のC大阪戦に49歳5カ月12日で途中出場してゴールを決め、自身が持つ出場と得点の最年長記録をそれぞれ更新していた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング