産経フォト

【五輪陸上】日本が400リレーで銀メダル

スポーツ

【五輪陸上】日本が400リレーで銀メダル

更新 sty1608200012
男子4×100メートルリレー決勝 日本代表チーム=19日、五輪スタジアム(撮影・桐山弘太) 男子4×100メートルリレー決勝 日本代表チーム=19日、五輪スタジアム(撮影・桐山弘太)
陸上男子4×100メートルリレー決勝 力走する桐生祥秀 =19日、五輪スタジアム(甘利慈撮影)
画像を拡大する
陸上男子4×100メートルリレー決勝 力走する桐生祥秀 =19日、五輪スタジアム(甘利慈撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 リオデジャネイロ五輪第15日の19日、五輪スタジアムで陸上の男子400メートルリレー決勝が行われ、山県亮太(24)=セイコーホールディングス=、飯塚翔太(25)=ミズノ=、桐生祥秀(20)=東洋大=、ケンブリッジ飛鳥(23)=ドームの布陣で走った日本は37秒60の日本新記録で銀メダル獲得の快挙を達成した。

陸上男子4×100mリレー、懸命にボルトを追いかけるケンブリッジ飛鳥=19日、五輪スタジアム(撮影・森田達也)
画像を拡大する
陸上男子4×100mリレー、懸命にボルトを追いかけるケンブリッジ飛鳥=19日、五輪スタジアム(撮影・森田達也)フルスクリーンで見る 閉じる

 日本は予選2組でアジア新記録でもある37秒68という日本新記録をマークしてトップで駆け抜け、全体でも米国に0秒03差の2位通過。個々の力と抜群のバトンパスを武器に、「史上最速」との呼び声も高かった。
 ジャマイカが37秒27で優勝し、アンカーのウサイン・ボルトは100メートル、200メートルとの3冠となった。 【リオデジャネイロ=宝田将志】

陸上男子4×100メートルリレー決勝 銀メダルを獲得した(左から)ケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀、飯塚翔太、山県亮太 =19日、五輪スタジアム(甘利慈撮影)
画像を拡大する
陸上男子4×100メートルリレー決勝 銀メダルを獲得した(左から)ケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀、飯塚翔太、山県亮太 =19日、五輪スタジアム(甘利慈撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング