産経フォト

野良犬じゃないよ 僕らは”地域犬”です

ワールド

野良犬じゃないよ 僕らは”地域犬”です

更新 sty1607090001
 ニューデリーの民間施設で保護されている負傷した野良犬=4月(共同)  ニューデリーの民間施設で保護されている負傷した野良犬=4月(共同)
 ニューデリーの商店街で寝そべる野良犬=4月(共同)
画像を拡大する
 ニューデリーの商店街で寝そべる野良犬=4月(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 インドの首都ニューデリーを歩いていて困惑するのは、野良犬の多さだ。その数は60万匹ともいわれる。年に約2万人が狂犬病で亡くなる国だけに、尻尾を踏んでかまれたりしないよう、散歩も神経をすり減らす。「動物は人間の生まれ変わり」と信じるヒンズー教主流の国ならではだ。
 野良犬の保護施設を訪れたところ、施設のギータ副代表は「野良犬と呼ばないで」とぴしゃり。「彼らは街に暮らす『地域犬』です。鎖はないが、住民から食事をもらう地域の仲間。

 保護施設には負傷した犬が500匹以上収容され、既にいっぱいだ。治療後の犬は誰が引き取るのだろう。職員に尋ねると「地域犬の居場所は地域です。狂犬病ワクチンを接種し、もう一度、通りに戻します」。なるほど。野良犬を避けずに済む日々は当面訪れそうにない。(ニューデリー共同=高山裕康)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング