産経フォト

世界の海運の流れ変えるパナマ運河拡張 最初の大型船が通航 

ニュース

世界の海運の流れ変えるパナマ運河拡張 最初の大型船が通航 

更新 sty1606270003
 26日、パナマ運河の「アグアクララ水門」を通航する中国のコンテナ船(AP)  26日、パナマ運河の「アグアクララ水門」を通航する中国のコンテナ船(AP)
 26日、パナマ運河の通航を開始した中国のコンテナ船と歓迎する市民ら(共同)
画像を拡大する
 26日、パナマ運河の通航を開始した中国のコンテナ船と歓迎する市民ら(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 船舶の大型化に対応するための拡張工事を終えたパナマ運河の供用が26日朝(日本時間同日夜)始まり、最初の大型船である中国のコンテナ船が大西洋側の「アグアクララ水門」に入った。同日夕(日本時間27日午前)には太平洋側の「ココリ水門」を通過する予定で、大規模な開通式典が行われる。

 今後はこれまでの約3倍の積載能力を持つコンテナ船や液化天然ガス(LNG)船の航行が可能になり、世界の海運の流れを変えるとみられる。日本にとっても米東海岸から効率的に燃料輸送ができるなどのメリットがある。

 2007年に始まった工事では、引き続き利用される現在の水門に並行する形で、太平洋側と大西洋側に3段式の大型水門と接続航路を建設。既存航路のしゅんせつや拡幅も行った。

 26日、パナマ運河で太平洋側の新たな「ココリ水門」に到着した最初の大型船(共同)
画像を拡大する
 26日、パナマ運河で太平洋側の新たな「ココリ水門」に到着した最初の大型船(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 工事により全長294メートル、幅32メートルが最大だった船舶の許容サイズが全長366メートル、幅49メートルまで拡大。パナマ運河庁のマヌエル・ベニテス副長官によると、これまで通れなかった大型コンテナ船の98%が航行可能になる。

 新運河通航第1号は、中国国有の海運大手、中国遠洋運輸集団(コスコ・グループ)のコンテナ船。(パナマ市共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング