産経フォト

着物が結ぶ日本とイスラム リメーク服で海外商機狙う

ファッション

着物が結ぶ日本とイスラム リメーク服で海外商機狙う

更新 sty1606110007
 「ふく紗」がムスリムの女性向けに着物をリメークした服を着てポーズをとるモデル=3月、ジャカルタ  「ふく紗」がムスリムの女性向けに着物をリメークした服を着てポーズをとるモデル=3月、ジャカルタ
 「ふく紗」がムスリムの女性向けに着物をリメークした服を着てランウエーを歩くモデル=3月、ジャカルタ
画像を拡大する
 「ふく紗」がムスリムの女性向けに着物をリメークした服を着てランウエーを歩くモデル=3月、ジャカルタフルスクリーンで見る 閉じる

 着物の生地を再利用し、イスラム教徒(ムスリム)の女性向けに仕立て直すリメーク服の商品化に、松山市のアパレル企業が取り組んでいる。国内の呉服市場が低迷する中、経済成長が進む海外のイスラム圏でのビジネスチャンスを見込んで輸出を目指す。

 「世界にはムスリム人口約16億人の需要がある」。着物や和装製品のメーカー「ふく紗」の伊東信二社長(56)は期待を込める。ふく紗は今年3月、世界最大のムスリム人口を擁し、発展が続くインドネシアの首都ジャカルタで開かれた同国最大級のファッションショーに参加した。

 ショーでは、ムスリム女性が髪を隠すためのヒジャブ(スカーフ)を巻いたモデルが、黒い着物生地のワンピースに赤い帯で作ったジャケットを着て、さっそうとランウエーを歩行。ショー終了後、会場は大きな拍手に包まれた。

 ムスリム女性に着物をリメークした服の説明をする「ふく紗」の伊東信二社長(左)=3月、ジャカルタ
画像を拡大する
 ムスリム女性に着物をリメークした服の説明をする「ふく紗」の伊東信二社長(左)=3月、ジャカルタフルスクリーンで見る 閉じる

 伊東社長によると、経済成長とともにムスリム女性の服装も多様化し、斬新な和風デザインが重宝されている。ふく紗のムスリムファッションは、肌を露出し過ぎないなど現地の文化を考慮しながら、おしゃれなデザインを取り入れている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング