産経フォト

続く余震、同規模では過去最高ペース 気象庁 

ニュース

続く余震、同規模では過去最高ペース 気象庁 

更新 sty1604150008
 地震で崩れ落ちた熊本城天守閣の瓦=15日午前7時2分、熊本市中央区(本社ヘリから、村本聡撮影)   地震で崩れ落ちた熊本城天守閣の瓦=15日午前7時2分、熊本市中央区(本社ヘリから、村本聡撮影) 
 地震で石垣や瓦が崩れた熊本城=15日午前7時2分、熊本市中央区(本社ヘリから、村本聡撮影) 
画像を拡大する
 地震で石垣や瓦が崩れた熊本城=15日午前7時2分、熊本市中央区(本社ヘリから、村本聡撮影) フルスクリーンで見る 閉じる

 熊本県益城町で14日夜に発生した震度7の地震で、気象庁は15日午前6時半から記者会見を開き、平成7年以降に内陸部で発生した同規模の地震としては、余震の発生が過去最高ペースで推移していることを明らかにした。余震は15日午前7時現在までに計107回発生しており、震度も最大6強に及んでいる。

 気象庁によると、今回の地震は余震の発生回数が多く、規模も大きいことから、過去に内陸部で発生した直下型地震で、今回のマグニチュード(M)6.5以上の地震と余震の発生ペースを比較。その結果、16年の新潟県中越地震(M6.8)、20年の岩手・宮城内陸地震(M7.2)に次ぐ3番目のペースで推移しており、同じM6.5級では過去最高ペースだった。

 気象庁の青木元・地震津波監視課長は「極めて余震活動が活発だった中越地震などに次ぐ非常に多い部類に入る」と述べた。その上で、「詳しく調べないと分からないが、中越地震では断層の壊れ方が複雑だった」として断層の破壊が複雑に起こった可能性を示唆した。

 気象庁は15日朝、状況把握のため、職員13人を機動調査班として派遣した。収集した情報を基に詳しい分析を進める。

 青木課長は「中越地震では発生4日後でも大きな余震が起きた。今後1週間程度は注意が必要」として注意を呼びかけている。

 地震で脱線した九州新幹線の回送車両=15日午前7時7分、熊本市(本社ヘリから、村本聡撮影)
画像を拡大する
 地震で脱線した九州新幹線の回送車両=15日午前7時7分、熊本市(本社ヘリから、村本聡撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 地震で陥没した道路=15日午前6時54分、熊本県益城町(本社ヘリから、村本聡撮影) 
画像を拡大する
 地震で陥没した道路=15日午前6時54分、熊本県益城町(本社ヘリから、村本聡撮影) フルスクリーンで見る 閉じる
 地震で路面が陥没、立ち往生したトラック=15日午前6時46分、熊本県益城町(本社ヘリから、村本聡撮影) 
画像を拡大する
 地震で路面が陥没、立ち往生したトラック=15日午前6時46分、熊本県益城町(本社ヘリから、村本聡撮影) フルスクリーンで見る 閉じる
 不安な一夜を明かした住民=15日午前6時54分、熊本県益城町(本社ヘリから、村本聡撮影) 
画像を拡大する
 不安な一夜を明かした住民=15日午前6時54分、熊本県益城町(本社ヘリから、村本聡撮影) フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング