産経フォト

羽生SPトップ、2位に12点以上の大差 フィギュア世界選手権開幕

スポーツ

羽生SPトップ、2位に12点以上の大差 フィギュア世界選手権開幕

更新 sty1603310008
 男子SP 演技する羽生結弦 =ボストン(共同)  男子SP 演技する羽生結弦 =ボストン(共同)

 フィギュアスケートの世界選手権は30日、ボストンで開幕し、男子で2季ぶり2度目の優勝を狙う羽生結弦(ANA)がショートプログラム(SP)で自身の世界歴代最高記録に0.39点と迫る110.56点でトップに立った。初出場の宇野昌磨(愛知・中京大中京高)は90.74点で4位。

 男子SP 演技する宇野昌磨 =ボストン(共同)
画像を拡大する
 男子SP 演技する宇野昌磨 =ボストン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 昨季優勝のハビエル・フェルナンデス(スペイン)が98.52点で2位、パトリック・チャン(カナダ)が94.84点で3位だった。フリーは4月1日(日本時間2日)に行われる。
 アイスダンスはショートダンス(SD)で村元哉中、クリス・リード組(木下ク)が59.00点の16位につけ、31日(日本時間4月1日)のフリーに進んだ。

◇リンク支配した羽生 場内総立ち
 場内は総立ちとなった。羽生は「今できることを今やりたい」と臨んだ大一番のSPで気迫に満ちた圧巻の演技を披露し、2位以下に12点以上の大差を付けた。普段はプロバスケットボールやプロアイスホッケーの試合が行われるTDガーデンを、男子フィギュアの第一人者が支配した。

 冒頭の4回転サルコーを鮮やかに決めると、続く4回転-3回転の2連続トーループ、演技後半のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は流れるようだった。自己ベストに惜しくも届かず「まだまだできた」と満足はしなかったが、突出した力を示した。

 男子SP 着氷する羽生結弦 =ボストン(共同)
画像を拡大する
 男子SP 着氷する羽生結弦 =ボストン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 この日は練習で珍しい場面があった。自身の曲がかかった練習中、リンク中央でスピンをするテン(カザフスタン)に進路を妨害された形となり「それはねえだろ、おまえ」と激高。直後のジャンプを失敗すると壁をドンとたたいていらだちを見せた。
 「精神状態がぐちゃぐちゃな中で、曲の背景やファンの気持ちを大事にしながら滑ることができた」と怒りは収まらないが、リンクの上ではきっちりと気持ちを切り替えた。(共同)
☆ 関連記事
【羽生、練習で緊張走る 進路妨害でテンに注意要請】

 男子SP 演技する宇野昌磨 =ボストン(共同)
画像を拡大する
 男子SP 演技する宇野昌磨 =ボストン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 男子SP ジャンプする羽生結弦 =ボストン(共同)
画像を拡大する
 男子SP ジャンプする羽生結弦 =ボストン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 男子SP ジャンプする羽生結弦 =ボストン(共同)
画像を拡大する
 男子SP ジャンプする羽生結弦 =ボストン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 男子SP 演技する羽生結弦 =ボストン(共同)
画像を拡大する
 男子SP 演技する羽生結弦 =ボストン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 男子SPの演技を終え、ほえる羽生結弦 =ボストン(共同)
画像を拡大する
 男子SPの演技を終え、ほえる羽生結弦 =ボストン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 男子SPの演技を終え、ほえる羽生結弦 =ボストン(共同)
画像を拡大する
 男子SPの演技を終え、ほえる羽生結弦 =ボストン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング