産経フォト

ヤギ飼育、人気じわり 人懐っこく伴侶動物にも

生き物

ヤギ飼育、人気じわり 人懐っこく伴侶動物にも

更新 sty1602180005
三浦さん夫妻が飼育するヤギ=奈良市 三浦さん夫妻が飼育するヤギ=奈良市

 かつては全国で約67万頭が飼われ、その後激減したヤギの人気が近年、高まっている。専門家らによると、ペットや除草用に飼う人が増加。伴侶動物や有機農業への活用にも関心が集まる。

 奈良市で伝統野菜のレストランを営む三浦雅之さん、陽子さん夫妻は14年前から飼育。これまで63頭の子ヤギが生まれたが希望者が絶えず、うち57頭が新たな飼い主の手に渡った。

奈良市でヤギの飼育を続ける三浦陽子さん
画像を拡大する
奈良市でヤギの飼育を続ける三浦陽子さんフルスクリーンで見る 閉じる

 人懐っこく、鳴き方やしっぽの振り方など表情豊かなヤギはレストランの人気者で「今も5人前後が譲り受けを待っている状態。ブームになっている」と三浦さん。陽子さんは「疲れたときにそっと近くに来てくれて、平和な気持ちになる」と魅力を語る。
 全国でも珍しい子ヤギ市場を毎年夏に開催するJAみなみ信州では近年、個人での購入が増加。担当者によると、県外からの訪問が多く、除草での活用が目立つほか「かわいいから」と家族で買い求める人もいるという。
 専門家や愛好家らでつくる全国山羊ネットワーク事務局長の中西良孝鹿児島大教授は「餌は雑草などで足り、ふんやミルクを活用できるヤギは21世紀の循環型農業に見合う家畜としても注目される」と話す。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング