産経フォト

ガソリン価格下落、100円割れも 家計には恩恵

ニュース

ガソリン価格下落、100円割れも 家計には恩恵

更新 sty1601230017
 低下し続けるガソリンの価格を示す、ガソリンスタンドのボード=23日午前、東京都世田谷区のシンエネ八幡山(宮崎瑞穂撮影)  低下し続けるガソリンの価格を示す、ガソリンスタンドのボード=23日午前、東京都世田谷区のシンエネ八幡山(宮崎瑞穂撮影)
 低下し続けるガソリン価格=23日午前、東京都世田谷区のシンエネ八幡山(宮崎瑞穂撮影)
画像を拡大する
 低下し続けるガソリン価格=23日午前、東京都世田谷区のシンエネ八幡山(宮崎瑞穂撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 原油安を背景に、ガソリン価格の下落が続いている。顧客自ら給油を行うセルフスタンドの一部では、レギュラーガソリンが1リットル当たり100円の大台を割り込んでいる。ガソリン安は家計には恩恵となりそうだ。
 東京都世田谷区のガソリンスタンド「シンエネ八幡山」では23日、現金支払いでレギュラーが100円、プリペイドカード支払いで92円となった。同スタンドの佐藤大マネジャー(44)は「何年ぶりか思いだせないくらい、価格が落ちた。ほとんどの客が満タンで給油していく」と話した。

 経済産業省資源エネルギー庁によると、18日時点でフルサービスのスタンドも含めたレギュラーガソリンの全国平均小売価格は、12日の前回調査より1円70銭安い117円20銭だった。値下がりは12週連続で、直近の高値だった平成26年夏(1リットル=約170円)と比べ3割以上も低い水準。調査した石油情報センターによると、原油安を受け「来週はもう少し下げ幅が大きくなる」という。

 ガソリン安は景気に追い風となる。石油連盟の木村康会長は、「ガソリン安をきっかけに遠出する人も増えるだろう」と、需要の拡大に期待を寄せる。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング