産経フォト

セルフディフェンス「自衛隊のいま」 空自唯一の女性ナビゲーター

自衛隊・ミリタリー

セルフディフェンス「自衛隊のいま」 空自唯一の女性ナビゲーター

更新 sty1601160009
C-130H輸送機内でパイロットらと確認作業を行う梅田昭美3佐 =愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地(彦野公太朗撮影) C-130H輸送機内でパイロットらと確認作業を行う梅田昭美3佐 =愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地(彦野公太朗撮影)

 「ナビゲーター、タイムハック」。機長の声が響くと「5、4、3…」カウントダウンが始まった。

ブリーフィングを行う梅田昭美3佐 =愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地(彦野公太朗撮影)
画像を拡大する
ブリーフィングを行う梅田昭美3佐 =愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地(彦野公太朗撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 声の主は梅田昭美3佐(40)。空自でただ1人の女性ナビゲーターだ。

 所属は航空自衛隊小牧基地(愛知県)の「401飛行隊」。ナビゲーターの業務は任務に必要な時間の計算、天候の確認など多岐にわたる。「タイムハック」は時刻合わせの意味で、ハックが0秒をあらわす。

 国際平和協力隊として南スーダン、また緊急援助隊でネパールやマレーシアに派遣された経歴を持つ。

 「…3、2、1ハック、1、2」梅田3佐のタイムハックで、パイロットと副操縦士が時計を合わせる。この日は、患者移送を想定した図上訓練が行われた。

夕日でオレンジに染まるC-130H。翼端には空中給油装置が見える =愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地(彦野公太朗撮影)
画像を拡大する
夕日でオレンジに染まるC-130H。翼端には空中給油装置が見える =愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地(彦野公太朗撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 401飛行隊は、主に「C-130H輸送機」を使用する。同機は“世界最高の輸送機”ともいわれ、約14トンに相当する隊員や物資を輸送できる。

 梅田3佐は「クルーの雰囲気をよくすることもナビゲーターに必要。機長の女房役的な側面もあるんですよ」と話す。

 今後は「女性自衛官として、仕事と家庭の両立などのサポートをしていきたい」という。2児の母である梅田3佐の言葉から暖かさと自信を感じとった。(彦野公太朗)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング