産経フォト

天井に穴、乾電池が散乱 靖国神社のトイレ爆発

ニュース

天井に穴、乾電池が散乱 靖国神社のトイレ爆発

更新 sty1511230008
爆発があったトイレ周辺には警視庁や消防隊員らが集まり騒然とするなか、警察犬も現場に投入された =23日、東京・靖国神社(鈴木健児撮影) 爆発があったトイレ周辺には警視庁や消防隊員らが集まり騒然とするなか、警察犬も現場に投入された =23日、東京・靖国神社(鈴木健児撮影)
境内には警視庁の爆弾処理班の姿も=23日、東京・靖国神社(鈴木健児撮影)
画像を拡大する
境内には警視庁の爆弾処理班の姿も=23日、東京・靖国神社(鈴木健児撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 23日午前10時ごろ、東京都千代田区九段北の靖国神社で「爆発音がした」と、神社の職員が110番した。東京消防庁などによると、南門近くにある公衆便所の男性用個室内の天井と内壁が燃え、乾電池が散乱していた。けが人はなかった。警視庁はゲリラ事件の可能性もあるとみて、麹町署に捜査本部を設置して調べる。

 捜査関係者によると、便所個室は天井に穴が開き、床が焦げていた。爆発音は1回だった。爆発していない不審物も残っており、警視庁は爆発物処理班を出動させた。

 靖国神社では、七五三のため家族連れが訪れていたが、安全確認のため受け付けを中止した。本殿で午前10時から予定されていた新嘗祭は無事に行われた。

 便所周辺には、警察官や消防隊員、神社の職員ら計100人以上が集まった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング