産経フォト

HKT48・指原が“凱旋登板” 体力衰え?球はコロコロ…

エンタメ

HKT48・指原が“凱旋登板” 体力衰え?球はコロコロ…

更新 sty1509280019
セレモニーピッチを行うHKT48の指原莉乃=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳) セレモニーピッチを行うHKT48の指原莉乃=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)

 HKT48の指原莉乃(22)が28日、5人のメンバーとともにヤフオクドームを訪れ、ソフトバンク-日本ハム25回戦のスペシャルゲストとしてセレモニアルピッチを行った。

セレモニーピッチを行うHKT48の指原莉乃=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)
画像を拡大する
セレモニーピッチを行うHKT48の指原莉乃=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)フルスクリーンで見る 閉じる

 6月6日に同球場で開催された「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」で再び栄冠をつかんだ指原にとっては“凱旋登板”だった。ノーバン投球を宣言して投じたが、注目の投球はマウンドから捕手まで半分足らずの場所からコロコロと転がるボール球に。

 「私たちが総選挙をやったときとは、ヤフオクドームの雰囲気が違いました。2年前の始球式ではもうちょっとうまく行った気がするんですけど、自分の体力の衰えを感じました」と照れ笑いを浮かべた。

 ともに登場したHKT48の兒玉遥、森保まどか、穴井千尋、多田愛佳らはグループ名にちなんだ背番号48のユニホームだったが、指原は総選挙の結果にちなんで「1」を背負った。8月26日に発売されたAKB48 41stシングル「ハロウィン・ナイト」のミニライブも行い、試合前の球場を華やかに彩った。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング