産経フォト

炎天下 ボランティアら汗 3連休、1万8000人想定 西日本豪雨の被災地

浸水被害を受けた民家の後片付けを行う広島大学の学生ボランティア。ツイッターでの呼びかけに応じて参加したという。この家に1人で住む90歳の女性は「1人ではどうしようもなかった。学生が来て感謝しかない」と話した=14日午前、広島県東広島市安芸津町(恵守乾撮影)

浸水被害を受けた民家の後片付けを行う広島大学の学生ボランティア。ツイッターでの呼びかけに応じて参加したという。この家に1人で住む90歳の女性は「1人ではどうしようもなかった。学生が来て感謝しかない」と話した=14日午前、広島県東広島市安芸津町(恵守乾撮影)