産経フォト

「アクセラ」が最高評価 対歩行者自動ブレーキ試験

国土交通省が初めて自動車アセスメントで対歩行者自動ブレーキの評価を行った。体験乗車車両はすべて飛び出した歩行者の人形の手前で停止した(時速30km/hで走行、車両はマツダ アクセラ) =1日、茨城県つくば市の日本自動車研究所 (後藤徹二撮影)

国土交通省が初めて自動車アセスメントで対歩行者自動ブレーキの評価を行った。体験乗車車両はすべて飛び出した歩行者の人形の手前で停止した(時速30km/hで走行、車両はマツダ アクセラ) =1日、茨城県つくば市の日本自動車研究所 (後藤徹二撮影)