産経フォト

日本、コスタリカを3-0 森保氏初陣を白星で飾る

スポーツ

日本、コスタリカを3-0 森保氏初陣を白星で飾る

更新 jnl1809110002
後半終了間際、ゴールを決め祝福される伊東純也(左から二人目)=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也)  後半終了間際、ゴールを決め祝福される伊東純也(左から二人目)=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF500mm F4L IS USM
前半16分、ヘディングシュートを放つ佐々木翔(手前)。オウンゴールを誘い、日本が先制=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也) 
画像を拡大する
前半16分、ヘディングシュートを放つ佐々木翔(手前)。オウンゴールを誘い、日本が先制=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF500mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップは11日、大阪・パナソニックスタジアム吹田で行われ、日本がコスタリカを3-0で破った。
 北海道で発生した地震の影響で7日に札幌ドームで開催予定だったチリ戦が中止。ワールドカップ(W杯)ロシア大会後に就任した森保監督の対外試合初陣を白星で飾った。

後半、チーム2点目を決める日本代表・南野拓実=パナソニックスタジアム吹田(鳥越瑞絵撮影) 
画像を拡大する
後半、チーム2点目を決める日本代表・南野拓実=パナソニックスタジアム吹田(鳥越瑞絵撮影) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF600mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 日本は前半16分、右CKに走り込んだ佐々木がヘディングシュート。クリアしようとした相手に当たってコースが変わり、オウンゴールで先制した。
 後半21分にはゴール前で細かいパスをつなぎ、最後は南野が左足でゴール右隅にグランダーのボールを決めて代表初ゴール。試合終了間際には途中出場の伊東が右サイドからドリブルで切れ込み、左足でチーム3点目を決め、快勝した。

後半21分、ゴールを決める南野拓実=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也) 
画像を拡大する
後半21分、ゴールを決める南野拓実=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF500mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
後半、ゴールを決める南野拓実=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也) 
画像を拡大する
後半、ゴールを決める南野拓実=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF500mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
後半、チーム2点目となるゴールを決める南野拓実=パナソニックスタジアム吹田(撮影・蔵賢斗) 
画像を拡大する
後半、チーム2点目となるゴールを決める南野拓実=パナソニックスタジアム吹田(撮影・蔵賢斗) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF300mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
後半終了間際、ゴールを決める伊東純也=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也) 
画像を拡大する
後半終了間際、ゴールを決める伊東純也=パナソニックスタジアム吹田(撮影・森田達也) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF500mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
企画制作:産経デジタル