産経フォト

村上佳菜子が始球式 ミスタードラゴンズから空振り奪う

エンタメ

村上佳菜子が始球式 ミスタードラゴンズから空振り奪う

更新 jnl1809010003
始球式を務めた村上佳菜子=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄) 始球式を務めた村上佳菜子=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)キヤノン EOS-1D X MarkⅡ:EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM

 ソチ五輪フィギュアスケート女子代表で、現在はプロフィギュアスケーターの村上佳菜子が1日、ナゴヤドームで行われたプロ野球・中日-巨人戦の始球式を務めた。

打席には立浪氏が!

始球式を務めた村上佳菜子=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)
画像を拡大する
始球式を務めた村上佳菜子=ナゴヤドーム(撮影・荒木孝雄)キヤノン EOS-1D X MarkⅡ:EF400mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 今年で開局35周年を迎えたテレビ愛知の開局記念日が9月1日ということで、地元名古屋市出身の村上が大役に抜擢された。
 打席には中日のレジェンドOB・立浪和義氏が入り、ドラ党にはたまらない演出にスタンドは大いに沸いた。
 注目の始球式は、残念ながらワンバウンドで外角に…。立浪氏は打つ気満々でスイングするも、バットが届かず空振りとなった。
 ノーバウンド投球とはいかず、少し残念そうな苦笑いを浮かべた村上だったが、ドームに響く大歓声に、白い歯を見せて笑顔を振りまいていた。

企画制作:産経デジタル