産経フォト

大屋根、骨組みほぼ完成 品川新駅の工事現場

乗り物

大屋根、骨組みほぼ完成 品川新駅の工事現場

更新 jnl1808290001
報道公開された新駅の工事現場=29日午前、東京都港区(桐山弘太撮影) 報道公開された新駅の工事現場=29日午前、東京都港区(桐山弘太撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF16-35mm F4L IS USM

 JR東日本は29日、東京都港区で山手線と京浜東北線の品川-田町間に建設している新駅の工事現場を報道公開した。工事は現在、進捗率が約7割に達し、折り紙から発想し、幾何学模様にかたどったトレードマークの白い大屋根や建物の骨組みがほぼ完成した。今後、内装工事に着手するという。

報道公開された新駅の工事現場=29日午前、東京都港区(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
報道公開された新駅の工事現場=29日午前、東京都港区(桐山弘太撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF16-35mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 新駅は山手線で30番目の駅で、車両基地跡の再開発で設置が決まった。2020年東京五輪・パラリンピックの開催直前の同年春に暫定開業し、本格開業は24年の見通しだ。新国立競技場も担当した建築家隈研吾氏がデザインを担当した。

 羽田空港に近い立地条件や、27年開業予定の品川-名古屋間のリニア中央新幹線との連動で、東京都心に新たな人の流れを生み出すとみられている。駅舎は地上3階、地下1階建て。2階部分に改札ができ、周辺のオフィスやホテル、マンションとデッキを通じてつながる構造になる。

報道公開された新駅の工事現場=29日午前、東京都港区(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
報道公開された新駅の工事現場=29日午前、東京都港区(桐山弘太撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
報道公開された新駅の工事現場=29日午前、東京都港区(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
報道公開された新駅の工事現場=29日午前、東京都港区(桐山弘太撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF16-35mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
報道公開された新駅の工事現場=29日午前、東京都港区(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
報道公開された新駅の工事現場=29日午前、東京都港区(桐山弘太撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF16-35mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
企画制作:産経デジタル