産経フォト

ももクロがスピードガン対決 勝者は?

エンタメ

ももクロがスピードガン対決 勝者は?

更新 jnl1808280002
スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの佐々木彩夏=東京ドーム (撮影・山田俊介) スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの佐々木彩夏=東京ドーム (撮影・山田俊介)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS USM
スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの佐々木彩夏=東京ドーム (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの佐々木彩夏=東京ドーム (撮影・山田俊介)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のメンバー4人が27日、巨人-広島戦が行われる東京ドームで、試合前に球速を競うスピードガン対決を行った。
 1番手は佐々木彩夏。軽く振りかぶってからササッと投げた感じのボールはワンバウンドで捕手のミットへ収まった。球速はなんと18キロ。超低速で観客席をざわつかせた。
 続く高城れには64キロ、3番手の玉井詩織は72キロと尻上がりに“ギア”を上げる。

スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの高城れに=東京ドーム (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの高城れに=東京ドーム (撮影・山田俊介)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 大トリを務めたのは百田夏菜子。振りかぶってからゆったりとしたモーションで腕を振り切る。ボールは右にそれたが、投球フォームは最高球速の更新を期待させた。だが、オーロラビジョンに表示されたのは66キロ。玉井に6キロ及ばなかった。
 全てを後ろから見ていた進行役の元巨人軍投手でタレントの宮本和知氏は“チャンピオン”玉井の投球について、「(ボールが)指にちゃんと引っかかっていた」と解説。メンバーらに「投げ終わった後に、ゼーット! とやるのを忘れてましたね」と突っ込んでいた。

スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの高城れに=東京ドーム (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの高城れに=東京ドーム (撮影・山田俊介)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの玉井詩織=東京ドーム (撮影・山田俊介) 
画像を拡大する
スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの玉井詩織=東京ドーム (撮影・山田俊介) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの玉井詩織 =東京ドーム (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの玉井詩織 =東京ドーム (撮影・山田俊介)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの百田夏菜子=東京ドーム (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの百田夏菜子=東京ドーム (撮影・山田俊介)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの百田夏菜子=東京ドーム (撮影・山田俊介)
画像を拡大する
スピードガンコンテストで投球するももいろクローバーZの百田夏菜子=東京ドーム (撮影・山田俊介)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
企画制作:産経デジタル