産経フォト

【路上感撮】住宅街の黄色い空

自然・風景

【路上感撮】住宅街の黄色い空

更新 jnl1808150001
黄色いカバーが施された電線 =千葉県浦安市(桐山弘太撮影) 黄色いカバーが施された電線 =千葉県浦安市(桐山弘太撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
黄色いカバーが施された電線 =千葉県浦安市(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
黄色いカバーが施された電線 =千葉県浦安市(桐山弘太撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 JR東京駅から京葉線に乗り、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)を過ぎたあたりで、住宅街の一角の空が黄色く覆われているのが見えた。電線にカバーが施されているようだ。

黄色いカバーが施された電線 =千葉県浦安市(桐山弘太撮影)
画像を拡大する
黄色いカバーが施された電線 =千葉県浦安市(桐山弘太撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 東日本大震災で液状化の被害を受けた浦安市では、対策工事が今も進む。市によると、電線の黄色いカバーは背が高い重機が住宅街で作業する際の目印や接触から保護する役割がある。

 地区ごとに順次工事が行われているため、現在は舞浜地区に目立つこの黄色い電線群も、工事の進捗(しんちょく)状況によって別の地区の空に移っていくという。(写真報道局 桐山弘太)

☆「路上感撮」全編は 【コチラから】    

企画制作:産経デジタル