産経フォト

ビル屋上生まれのカルガモ、お母さんと一緒 東京・二子玉川

生き物

ビル屋上生まれのカルガモ、お母さんと一緒 東京・二子玉川

更新 jnl1806230002
二子玉川ライズで生まれたのカルガモのひなと親鳥=13日、東京都世田谷区(萩原悠久人撮影) 二子玉川ライズで生まれたのカルガモのひなと親鳥=13日、東京都世田谷区(萩原悠久人撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
商業施設「二子玉川ライズ」の屋上庭園 =13日、東京都世田谷区(萩原悠久人撮影)
画像を拡大する
商業施設「二子玉川ライズ」の屋上庭園 =13日、東京都世田谷区(萩原悠久人撮影)キヤノン EOS-1D X:EF24-105mm F4L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 東京都世田谷区の商業施設「二子玉川ライズ」にある「ルーフガーデン」で今月上旬にカルガモのひなが10羽生まれた。

 3階建ての屋上にあるルーフガーデンは平成27年にオープン。多摩川の生態系を再現するよう、約6000平方メートルの敷地に多種多様な植物が植えられている。当初からカルガモがすみ着くのを想定して作られていて、ひなが確認されたのは2年連続だという。

二子玉川ライズの屋上で泳ぐカルガモの親子 =13日、東京都世田谷区(萩原悠久人撮影)
画像を拡大する
二子玉川ライズの屋上で泳ぐカルガモの親子 =13日、東京都世田谷区(萩原悠久人撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 同所を管理する東急電鉄の担当者は「今年もカルガモが親子で池を泳ぐ姿を見ることができてうれしい」と話していた。

 このカルガモ親子は19日、担当者が手助けをして、すぐ近くの多摩川へ引っ越した。

企画制作:産経デジタル