産経フォト

親子でスイスイ 京都・六角堂でコブハクチョウのヒナ誕生

生き物

親子でスイスイ 京都・六角堂でコブハクチョウのヒナ誕生

更新 jnl1806170004
六角堂の池を泳ぐコブハクチョウの親子 =京都市中京区の六角堂(寺口純平撮影) 六角堂の池を泳ぐコブハクチョウの親子 =京都市中京区の六角堂(寺口純平撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS USM
六角堂の池で生まれた白鳥のヒナ =京都市中京区の六角堂(寺口純平撮影)【キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS USM】 
画像を拡大する
六角堂の池で生まれた白鳥のヒナ =京都市中京区の六角堂(寺口純平撮影)【キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS USM】 キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS USM フルスクリーンで見る 閉じる

 いけばな発祥の地として知られる六角堂(京都市中京区)でコブハクチョウの赤ちゃんが誕生し、親子で池を泳ぐかわいらしい姿が拝観者らの目を楽しませている。

 華道家元池坊総務所によると、境内で23年前からコブハクチョウを飼育し、ヒナの誕生は5年ぶり6羽目。5月16日に卵6個を確認し、今月6日に1羽が孵化した。性別は不明という。

六角堂の池を泳ぐコブハクチョウの親子 =京都市中京区の六角堂(寺口純平撮影)
画像を拡大する
六角堂の池を泳ぐコブハクチョウの親子 =京都市中京区の六角堂(寺口純平撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF70-200mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 ヒナは親と並んで泳いだり、水辺で餌のハクサイをつついたりと元気いっぱい。興味津々な様子で拝観者にも近付くが、親は拝観者を威嚇するなどピリピリした様子を見せた。

 担当者は「近々、親が背中に赤ちゃんを乗せて泳ぐ姿も見られるはず」と話している。

企画制作:産経デジタル