産経フォト

西野ジャパンが初勝利 乾2得点、パラグアイを逆転

スポーツ

西野ジャパンが初勝利 乾2得点、パラグアイを逆転

更新 jnl1806130002
後半6分、乾貴士が同点ゴール= オーストリア・インスブルック (撮影・中井誠)  後半6分、乾貴士が同点ゴール= オーストリア・インスブルック (撮影・中井誠) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF300mm F2.8L IS USM
後半、同点ゴールを決め歓喜の乾貴士(右) = オーストリア・インスブルック (撮影・中井誠)
画像を拡大する
後半、同点ゴールを決め歓喜の乾貴士(右) = オーストリア・インスブルック (撮影・中井誠)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF300mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会を控える日本代表は12日、オーストリアのインスブルックでパラグアイ代表との国際親善試合に臨み、乾の2得点などで4-2で逆転勝ちし、西野監督就任後3試合目で初勝利を挙げた。
 W杯前最後の強化試合で日本は0-2で敗れた8日のスイス戦から先発10人を入れ替え、柴崎の縦パスなどで攻撃にリズムが生まれた。先制を許して迎えた後半、乾の2得点で逆転に成功。オウンゴールでリードを広げ、再び1点差に迫られた試合終了間際には香川が追加点を挙げた。
 日本は13日にロシアのキャンプ地となるカザンに入り、1次リーグH組のコロンビアとの初戦(19日)に備える。

後半、同点ゴールを決め歓喜の乾貴士(右から2人目) = オーストリア・インスブルック (撮影・中井誠) 
画像を拡大する
後半、同点ゴールを決め歓喜の乾貴士(右から2人目) = オーストリア・インスブルック (撮影・中井誠) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF300mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
後半、2点めのゴールを決めた乾貴士= オーストリア・インスブルック (撮影・中井誠)
画像を拡大する
後半、2点めのゴールを決めた乾貴士= オーストリア・インスブルック (撮影・中井誠)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF300mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
試合終了間際、ゴールを決める香川真司。4-2として、勝利を決定づけた= オーストリア・インスブルック (撮影・中井誠)
画像を拡大する
試合終了間際、ゴールを決める香川真司。4-2として、勝利を決定づけた= オーストリア・インスブルック (撮影・中井誠)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF300mm F2.8L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
企画制作:産経デジタル