産経フォト

パラリンピックが閉幕 日本勢はメダル10個を獲得

スポーツ

パラリンピックが閉幕 日本勢はメダル10個を獲得

更新 jnl1803180003
閉会式で記念撮影する日本の選手ら=18日、韓国・平昌五輪スタジアム(桐原正道撮影) 閉会式で記念撮影する日本の選手ら=18日、韓国・平昌五輪スタジアム(桐原正道撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF16-35mm F4L IS USM
閉会式で旗手を務める村岡桃佳=18日、韓国・平昌五輪スタジアム(桐原正道撮影)
画像を拡大する
閉会式で旗手を務める村岡桃佳=18日、韓国・平昌五輪スタジアム(桐原正道撮影) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF400mm F2.8L IS Ⅱ USM +1.4×Ⅲフルスクリーンで見る 閉じる

 第12回冬季パラリンピック平昌大会の閉会式が18日夜、韓国北東部の平昌五輪スタジアムで行われた。
 日本選手団は金3、銀4、銅3のメダル10個を獲得、前回ソチ大会の6個を上回る目標を達成した。韓国初の冬季大会は10日間の熱戦に幕を下ろし、バトンは2020年の東京夏季大会、4年後の北京冬季大会に引き継がれた。
 閉会式では、最終日の18日にアルペンスキー女子回転座位で2位に入り、冬季日本選手最多となる1大会5個のメダルを獲得した村岡桃佳(21)=早稲田大=が旗手を務めた。
 閉会式は約1時間半行われた。民謡「アリラン」など韓国文化を盛り込み、聴覚障害のあるダンサーらのパフォーマンスが彩りを加えた。
 10日間ともり続けた聖火は静かに消え、障害者スポーツの祭典が閉幕した。

閉会式が始まり、熱気に包まれた会場=18日、韓国・平昌五輪スタジアム(桐原正道撮影)
画像を拡大する
閉会式が始まり、熱気に包まれた会場=18日、韓国・平昌五輪スタジアム(桐原正道撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF16-35mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
閉会式が始まり、熱気に包まれた会場=18日、韓国・平昌五輪スタジアム(桐原正道撮影)
画像を拡大する
閉会式が始まり、熱気に包まれた会場=18日、韓国・平昌五輪スタジアム(桐原正道撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF16-35mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる
企画制作:産経デジタル