産経フォト

宇野昌磨は2位発進  フィギュアスケートGPファイナルが開幕

スポーツ

宇野昌磨は2位発進  フィギュアスケートGPファイナルが開幕

更新 jnl1712070003
宇野昌磨のSP=日本ガイシホール(撮影・松永渉平)  宇野昌磨のSP=日本ガイシホール(撮影・松永渉平) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF600mm F4L IS Ⅱ USM
宇野昌磨のSP=日本ガイシホール(撮影・松永渉平)
画像を拡大する
宇野昌磨のSP=日本ガイシホール(撮影・松永渉平)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF600mm F4L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは7日、名古屋市ガイシプラザで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリップ、トーループの4回転ジャンプを決めたが、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒し、101・51点で2位発進。演技を終えると、舌を出して苦笑いを浮かべた。
 「ジャンプで面白いこけ方をしてしまった」。トリプルアクセルは回転に勢いがつきすぎて、着氷後に転倒。それでも「次は成功できる失敗。全体としては自分なりに満足している」とうなずいた。
 今季GP2連勝のネーサン・チェン(米国)が、103・32点で首位に立ったが、差は1・81点とわずか。地元でのファイナル初制覇へ、フリーで逆転を狙う。

男子SP 演技を終え、舌を出す宇野昌磨=日本ガイシホール(撮影・松永渉平) 
画像を拡大する
男子SP 演技を終え、舌を出す宇野昌磨=日本ガイシホール(撮影・松永渉平) キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF600mm F4L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる
企画制作:産経デジタル