産経フォト

MVPに川崎の小林悠 得点王とダブル受賞 Jリーグ年間表彰式

スポーツ

MVPに川崎の小林悠 得点王とダブル受賞 Jリーグ年間表彰式

更新 jnl1712050001
得点王の川崎・小林悠(左)。プレゼンターは佐藤美希 =5日、横浜アリーナ(撮影・中井誠) 得点王の川崎・小林悠(左)。プレゼンターは佐藤美希 =5日、横浜アリーナ(撮影・中井誠)キヤノン EOS-1D X:EF600mm F4L IS USM
J1リーグ優勝した川崎の選手ら。(前列左から)谷口彰悟、中村憲剛、小林悠、鬼木達監督、井川祐輔 =5日、横浜アリーナ(撮影・中井誠)
画像を拡大する
J1リーグ優勝した川崎の選手ら。(前列左から)谷口彰悟、中村憲剛、小林悠、鬼木達監督、井川祐輔 =5日、横浜アリーナ(撮影・中井誠)キヤノン EOS-1D X:EF600mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 Jリーグは5日、横浜アリーナで年間表彰式「Jリーグ・アウオーズ」を開き、最優秀選手賞(MVP)には、悲願のJ1初制覇を成し遂げた川崎で主将を務めた小林悠(30)が初めて輝いた。34試合に出場し23得点で得点王も獲得した。ダブル受賞は史上6人目の快挙で、川崎からは昨年の中村憲剛(37)に続き2年連続。

J1リーグ優勝のトロフィーを受け取る川崎・中村憲剛 =横浜アリーナ(撮影・中井誠)
画像を拡大する
J1リーグ優勝のトロフィーを受け取る川崎・中村憲剛 =横浜アリーナ(撮影・中井誠)キヤノン EOS-1D X:EF600mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 ベストイレブンは川崎から最多4人が入り、小林は昨年に続き2度目、中村は2年連続7度目の選出。2位に終わった鹿島の西大伍(30)、G大阪の井手口陽介(21)、得点ランキング2位だったC大阪の杉本健勇(25)、同3位だった浦和の興梠慎三(31)ら7人が初めて名を連ねた。

 ベストヤングプレーヤー賞は柏の中山雄太(20)が輝いた。

企画制作:産経デジタル