産経フォト

札幌の冬の風物詩 ササラ電車にブラシ取り付け

時事

札幌の冬の風物詩 ササラ電車にブラシ取り付け

更新 jnl1710090001
ササラブラシが取り付けられた札幌市電のササラ電車=9日、札幌市中央区(杉浦美香撮影) ササラブラシが取り付けられた札幌市電のササラ電車=9日、札幌市中央区(杉浦美香撮影)キヤノン PowerShot G5 X
ササラブラシが取り付けられた札幌市電のササラ電車=9日、札幌市中央区(杉浦美香撮影)
画像を拡大する
ササラブラシが取り付けられた札幌市電のササラ電車=9日、札幌市中央区(杉浦美香撮影)キヤノン PowerShot G5 Xフルスクリーンで見る 閉じる

 札幌の冬の風物詩、札幌市電の除雪車「ササラ電車」に、竹のササラブラシを取り付ける作業が9日、札幌市中央区の市交通局電車事業所で始まった。
 竹の持つ反発力を利用して雪を吹き飛ばす。鍋や釜などを洗うために使われていた竹のササラがヒントとなっている。1両に800束を取り付け、一冬に2~3回取り替える。
 昨年は11月6日に初出動した。車両は4両あり、10月中にすべての取り付けを完了する。

企画制作:産経デジタル