産経フォト

安倍晋三首相、4カ国訪問へ出発 ドゥテルテ比大統領と会談へ

時事

安倍晋三首相、4カ国訪問へ出発 ドゥテルテ比大統領と会談へ

更新 jnl1701120001
4カ国歴訪に向け、政府専用機で出発する安倍晋三首相と昭恵夫人=12日午前、羽田空港(春名中撮影) 4カ国歴訪に向け、政府専用機で出発する安倍晋三首相と昭恵夫人=12日午前、羽田空港(春名中撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ:EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
4カ国歴訪を前に報道陣の取材に応じる安倍晋三首相=12日午前(春名中撮影)
画像を拡大する
4カ国歴訪を前に報道陣の取材に応じる安倍晋三首相=12日午前(春名中撮影)キヤノン EOS-1D X:EF24-105mm F4L IS USMフルスクリーンで見る 閉じる

 安倍晋三首相は12日午前、フィリピン、オーストラリア、インドネシア、ベトナムの4カ国を訪問するため、政府専用機で羽田空港を出発した。同日午後にフィリピンの首都マニラに到着し、ドゥテルテ大統領との首脳会談に臨む。帰国は17日の予定。
 首相は出発前、羽田空港で記者団に対し「地域の平和や安定にどのように貢献すべきか、各国首脳と率直に話したい」と訪問の意義を強調した。
 首相はトランプ米次期大統領の20日の就任後、早期に訪米して会談する方向で調整している。今回訪問する4カ国の首脳との会談では、訪米前にアジア太平洋地域の連携強化のための地ならしの意味合いがある。南シナ海への軍事進出を強める中国に対し「法の支配」の重要性も共有したい考えだ。

企画制作:産経デジタル