産経フォト

幻の輸送機型「富嶽」 「来年は編隊飛行を」

イベント

幻の輸送機型「富嶽」 「来年は編隊飛行を」

更新 jnl1611030001
「幻の爆撃機」と呼ばれる「富嶽」の輸送機モデル。エンジンではなくモーターを6個使用した巨体が大空を舞った=3日、群馬県太田市の尾島RCスカイポート(尾崎修二撮影) 「幻の爆撃機」と呼ばれる「富嶽」の輸送機モデル。エンジンではなくモーターを6個使用した巨体が大空を舞った=3日、群馬県太田市の尾島RCスカイポート(尾崎修二撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ : EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USM
「幻の爆撃機」と呼ばれる「富嶽」の輸送機モデル。エンジンではなくモーターを6個使用した巨体が大空を舞った=3日、群馬県太田市の尾島RCスカイポート(尾崎修二撮影)
画像を拡大する
「幻の爆撃機」と呼ばれる「富嶽」の輸送機モデル。エンジンではなくモーターを6個使用した巨体が大空を舞った=3日、群馬県太田市の尾島RCスカイポート(尾崎修二撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ : EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 3日、群馬県太田市の尾島RCスカイポートで、ラジコン飛行機の航空ショー「第30回RC航空ページェント」が開催された。
 全国から集まるラジコンファンの〝晴れ舞台〟とあって、今年もラジコン飛行機やヘリコプター約80機が、スケール機やジェット機部門などに分かれダイナミックなフライトを披露した。
 ロシアのジェット機「YAK-130」、イギリス空軍の爆撃機「アブロ ランカスター」といった通好みの機体や「零式艦上戦闘機」、「F4Uコルセア」などが大空を舞う中、イベントの目玉として登場したのが輸送機型「富嶽」。中島飛行機を受け継ぐ富士重工業の元エンジニアら15人で結成する「富嶽を飛ばそう会」が2年半かけて手作りした。
 東南アジアに物資などを運ぶ目的だったとみられる輸送機型は、全長2.93メートル、全幅4.83メートルの木製で重量は18.3キロ。プロペラ6基に二重反転式の電動モーターを採用し、実物の15分の1サイズ。

「幻の爆撃機」と呼ばれる「富嶽」の輸送機モデル。エンジンではなくモーターを6個使用した巨体が大空を舞った=3日、群馬県太田市の尾島RCスカイポート(尾崎修二撮影)
画像を拡大する
「幻の爆撃機」と呼ばれる「富嶽」の輸送機モデル。エンジンではなくモーターを6個使用した巨体が大空を舞った=3日、群馬県太田市の尾島RCスカイポート(尾崎修二撮影)キヤノン EOS-1D X Mark Ⅱ : EF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

「来年は編隊飛行を」
 富嶽は爆撃機のほか旅客機、輸送機の3種類が設計され、飛ばそう会ではこれまで、知久平と親交のあった正田雅造会長の父、公威(こうい)さんが保管していた当時の設計図をもとに、爆撃機と旅客機を手作りのラジコン模型として忠実に再現し、その勇姿を披露してきた。
 この日のフライト後、正田会長は「知久平の夢を2年半かけて、何とか成し遂げた。最高の気持ちです。来年5月に行う『中島飛行機スケール大会』では、3機そろえて展示し、このうち旅客機と輸送機の編隊飛行をしたい。(夢の)3機同時のフライトはパイロットがいない。まだまだ先になる」と話した。

◆富嶽とは
旧中島飛行機の創設者、中島知久平(1884~1949年)が大戦中に米国爆撃を想定して構想しながら戦局悪化で製造されなかった幻の爆撃機。


↓<関連記事>5月には旅客機型が↓
【幻の巨翼、大空に舞う 大型ラジコン「富嶽」】

企画制作:産経デジタル