産経フォト

「世界一静かなフェス」って?

イベント

「世界一静かなフェス」って?

更新 jnl1609040001
世界一静かなフェス「サイレントサマーフェス」の様子=東京都港区のカレッタ汐留(古厩正樹撮影) 世界一静かなフェス「サイレントサマーフェス」の様子=東京都港区のカレッタ汐留(古厩正樹撮影)キヤノン EOS-1D X:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM
世界一静かなフェス「サイレントサマーフェス」の様子=東京都港区のカレッタ汐留(古厩正樹撮影)
画像を拡大する
世界一静かなフェス「サイレントサマーフェス」の様子=東京都港区のカレッタ汐留(古厩正樹撮影)キヤノン EOS-1D X:EF70-200mm F2.8L IS Ⅱ USMフルスクリーンで見る 閉じる

 一歩足を踏み入れると、ヘッドホンを装着した大勢の男女が無音空間の中、リズミカルにステップを踏み、体を揺らす。時折聞こえる〝そろったかけ声〟は、どこか現実離れしていて思わず笑ってしまう。
 地上200メートル、東京都心の美しい夜景を見ながら無線ヘッドホンで共通の音楽を楽しむ「サイレント サマーフェス」がカレッタ汐留のスカイレストランフロアで開催され、〝世界一静かな夏フェス〟と話題を呼んでいる。
 フェスとは「ロック・フェスティバル」の略で、通常はロックやポピュラー音楽などの大規模な野外コンサートを指す。サイレントフェスはヨーロッパで騒音対策のため始まったとされる。主催するOzone合同会社の雨宮優さん(24)は「ヘッドホンをすれば、フェスのなか。外して絶景を楽しむもよし。音量を少し下げて友達としゃべりながら楽しむこともできます」と〝サイレント〟の効用を説明する。初めて参加したという会社員の女性(24)は「ヘッドホンをすると音楽に没入でき、外すと音がほとんどしないなか、踊る人たちの姿を見るのも面白かった」と話していた。(写真報道局 古厩正樹)

企画制作:産経デジタル