産経フォト

建設進む“復興スタジアム” 釜石【東日本大震災パノラマ】Vol.498

東日本大震災

建設進む“復興スタジアム” 釜石【東日本大震災パノラマ】Vol.498

更新 pnr1804040001
建設進む“復興スタジアム” 釜石【東日本大震災パノラマ】Vol.498

 岩手県釜石市内の小中学校では、震災前から「津波てんでんこ」(津波が来るときは各自で高台に逃げよう)の標語での防災訓練を積んできた。東日本大震災で市内の児童・生徒約3千人のうち99.8%がこれを実践して生き延び、「奇跡」と称する声もあった。

 大槌湾から約800メートルにあった鵜住居(うのすまい)小学校、釜石東中学も、校舎は津波で浸水し壊滅的被害を受けたが、児童・生徒のほぼ全員が助かった。

 かさ上げされた両校の跡地では、1万6千の座席を備える「釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)」の建設が進んでいる。(2018年3月10日、植村光貴撮影)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング