産経フォト

アルペン競技、注目度も高く【平昌パラ・パノラマ】Vol.2

スポーツ

アルペン競技、注目度も高く【平昌パラ・パノラマ】Vol.2

更新 pnr1803140002
アルペン競技、注目度も高く【平昌パラ・パノラマ】Vol.2

 平昌パラリンピックで、村岡桃佳選手の連日のメダルに沸く旌善アルペンセンター。観客席には連日、日本の応援団の姿が目立ち、韓国国旗よりも日本国旗の方が多いことも。日本のマスコミの注目度も高く、メディアセンターも日本メディアでにぎわっている。

 観客席近くの売店にはトッポギなどの韓国料理が並び、競技の合間にはパラリンピックのマスコットキャラクターの「バンダビ」がダンスを披露するなど、観客を飽きさせない工夫も凝らされている。

 ちなみに観客席は仮設スタンドで、通路を歩くと骨組みが丸見え、工事現場のようだった。

 パラリンピックも後半戦、日本選手のさらなるメダルラッシュに期待が高まる。

(2018年3月13日、桐原正道撮影)
(撮影機材:リコー THETA V )

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング